丸藤vsCIMAはいつか実現するハズ
e0045636_23211018.jpgちゃんと描いてみる。丸藤さんのつもり。黒の印象が強いですが、というか黒い丸藤さん大好きですけど、やっぱり空中を自由に飛び回るイメージがあるから空かな。
さあ、どうだ(マネっこ)

てことでタイトルどおりですよ。
口では絶対に勝てないでしょうけども、プロレスでは拮抗しているとおもわれるCIMA。
ちょっと前の話になってしまうが週刊ゴングの101人インタビュー。
丸藤さんやみのるサンのインタビューにばっかり注目していた自分ですが、ふと読み返してみるとCIMAのインタビューを発見しました。
「俺の目は外に向いている」
という言葉どおり、K-DOJOやAAA。さらにはROHまで海をまたいで活躍するBG、そしてCIMA。
確固たる実力と怒涛のマイクアピールからDRAGON GATEのエースとして多くのファンをもつ彼と、NOAHのパイオニアにしてジュニアの中心である丸藤正道との対決はまさに夢のカード!
まあ、自分が見たいだけなんですが(笑)
最近ここで書きまくっていますけれども。

そんなことを考えるようになったのは実は【MARUFUJIMANIA】さんの記事を読んだのがきっかけ。
今の丸藤の話題はGHCタッグだから、大舞台でシングルって少なくなってる。
それはベルトを持っているから仕方がないのだけど・・・やっぱり去年の丸藤vsみのる戦の時みたいな、見てるこっちがゾクゾクするような丸藤さんが見てみたい。
タッグでは観られない、獲物を狙い舌なめずりする獣のような丸藤さんを今度こそリアルタイムで観てみたい。
正直、去年の武道館前の丸藤さんのコメントを読んでも背筋にゾクっとするものがある。
結果はもう知ってるはずなのに、ワクワクするものがある。

そんな丸藤さんをまた観たい、と思ったとき・・・一体誰を相手にした時にそんな顔をしてくれるのかな?と考えた。
KENTAはダメだ。同じ団体だから何度も闘ってるから。
みのるサンも二度目じゃあ、面白くなっても前とは違うワクワクになっちゃう(見たいけど)。
他団体を見回してみたときにポーンと出てきたのがCIMAだった。

こう・・・予感がするんですよ。
この二人、絶対にどこかで闘うような・・・そんな予感。
多分今年は交わらないかもしれないが、いつかは絶対に闘う。
試合の中身は皆目見当もつかないが、それが面白そうなところ。
天龍さんの付き人としてBG以外の選手がNOAHに現れてはいるが・・・ちょーっともどかしいんですよ。
そしてCIMAの「ドラゲーに敵はいない」発言。
これは期待してもいいんじゃないかと。
ただ、問題は・・・丸藤さんがCIMAをよく知らなそうだから興味をもってくれるのか・・・ですよね。
ま、その日をじっくり待つことにします。

というわけで、【MARUFUJIMANIA】さんにトラックバック!

小ネタ

今日、ガチャガチャポン(フジテレビ)観てたらカード牛の出したカードが「シャイニング牛ウィザード」だった。「シャキーン」
先週のダウンタウンDX芸人スペシャルでレイザーラモンがニューハーフのダンサーに襲われた時にレスリングぽくなったって話に出てきた例えが「パンクラスの軽い方の試合」・・・分かんねぇだろ。その時間帯の視聴者には。
とか、そんなアホなネタ。

あと今週の「愛のエプロンスペシャル」に健介vs北斗が料理対決で実現するとか。
お時間のある方はちょっと見てみては?
[PR]
by akathuki0118 | 2005-10-25 00:48 | 丸藤正道
<< 10.28大阪大会盛り上げ隊 徳島大会は荒れに荒れ >>


ただひたすらに小橋さんの快復を希(こいねが)う。
検索
フォロー中のブログ
私的ブックマーク
最新のトラックバック
1.14 NOAH Fi..
from とりあえずバックドロップ・ホ..
のあのあ in 博多~番..
from とりあえずバックドロップ・ホ..
ですよ。
from お笑い芸人情報ブログ【画像・..
以前の記事
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧